ブログ運営

あなたがブログを書くのは何のため?のんびりブログと向き合っていこう!ブログ開設から1ヶ月で感じたこと。

ブログを1ヶ月間やってみて感じたこと

2019年一発目の記事は何を書こうかと迷っていましたが、まもなくブログ始めてから1ヶ月が経過しようとしているので、振り返りも兼ねて感じたことをまとめてみようと思います。

※この記事はこれからブログを始めてみたい、もしくはのんびりマイペースでブログを書いていきたいと思っている人向けの記事です。毎日一記事以上は当たり前の最低ノルマ!バリバリPV稼いでやるぜー!っていう人には適さないのでご了承ください。

この1ヶ月間ブログに取り組んでみて、またネット上でブログに関する様々な情報に触れてみて色々なことを学びました。

様々なブログ論があふれる中、世の中には意識高い方々がたくさんいらっしゃって本当に凄いと思います。でもブログをやっている人ってそんなに物凄い人たちだけじゃないと思うんですよね。

「特に目立つこともなく平凡な日常を過ごす中で、何か新しいこと・面白そうなことをしたいと思ってブログを始めた。」

こういう人も世の中にはたくさんいると思います。
もちろん私はこのうちの一人です。

続けられるか不安だけどこれからブログを始めてみようかなという人や、ブログを始めてみたけど全然アクセスがなくてモチベが上がらない人とかに、何か少しでも響いてもらえればうれしいです。

そもそも、なぜブログを始めたのか

私がブログを始めた理由は2つあります。

日々の記録を残せる

1つ目の理由はシンプルで、日々感じたこと・考えたことを記録として残しておきたいと思ったからです。

「部屋の掃除をしていて、前に自分が書いた文章が残されている古いアルバムなどを見つけて、思わず見入ってしまった。」なんていう経験があるのではないでしょうか?

自分が昔は物事をどのように考えていたのか。また、今は同じことに対してどのように感じるのか。昔と今では考え方は変わったのか。というようなことを知るには、記録を残しておく必要があります。

ブログはまさにそういう記録を残しておくのにうってつけのツールだと思いました。

自分の意見を発信できる

2つ目の理由としては、自分の意見を自由に発信することができるからです。

私は昔から自分の意見を明確にするのが苦手で、なんとなく思うところはあっても多数派の意見をそういうものだと思って理解してしまうという節があります。

なぜかと言えば明確で、「反対されるのが怖いから」です。

ブログは、ある意味で自分のテリトリーであり、自分だけの隠れ家的な場所です。自分のテリトリーで好き勝手言うのは個人の自由です。

学校や会社と違って、どのコミュニティーにも属していない。これは今までの生活では味わえませんでした。

周りの目を気にすることなく素直に、物事に対して感じたことや自分の意見を、自由に発信する最高の場所だといえるのではないでしょうか。

実際ブログに1ヶ月取り組んでみて

では、次に実際ブログに取り組み始めて感じたことについて書いてみます。

正確な情報を意識するようになった

正直これが一番大きいです。

自分が知っているもの・これなら人に紹介できるだろうというものを見つけて、意気込んで記事を書こうとします。

しかし、いざ書こうとすると意外と正確な情報を知らないんですよね。

自分が伝えたいことを補足する情報として入れたいけど、あれっていつの話だっけ?とか、これっていつも略して呼んでるけど正確にはなんていうんだっけ?とかですね。

記事として他人に紹介するため、あいまいな情報を書くことはできません。特に数字など細かいところまで気にするようになりました。

頭ではなんとなく伝える構成とか考えていても実際に1記事完成させるのに2~3時間くらいかかってしまいます。

しっかり時間をかけて何か人に伝えるために書くとともに、思考を整理しつつ自分の知識も増えていくというのはここでしか得られない経験です。

当たり前のように触れてきたものに再注目できた

これはブログのネタを探したりするときに感じています。

自分の中では当たり前であることに注目するというのは、今まであまりやったことがありませんでした。

私の場合で言うと、映画やゲームに関することになりますが、「よく知っている人には当たり前かもしれないけど、一方で知らない人もいるかもしれない。」と考えながら記事を書くというのは非常にいい経験になるなと思います。

日常生活の中でも、会話の中で自分がよく知っているため当たり前のように話したけど、相手からしてみれば何それ?となるという場面はよくあります。

客観的に物事を見て、なおかつ、それを知らない人にも分かりやすい表現で説明するというのは、アウトプットとしてとても大事なことですよね。

そんな大層なことを、文章にするという形でお手軽にできちゃうブログって、便利なツールだと思いませんか?これを体感することができただけでも、大きな収穫だと思ってます。

あと、そんなに記事はバンバン書けないので毎日一記事以上更新してる人は本当にすごいと思います。

これからのスタンス

さて、最後にこれからのブログの方向性について書いていきたいと思います。

継続させる

すごい当たり前のことですね。根本的であり一番大事なことですが、実行するのはなかなか難しいことだと思います。

なぜなら、自分の意志で簡単に辞められるから。実際ブログで思うような成果が出せず辞めていく人たちがたくさんいるそうです。

「ブログは継続が大事」という言葉は、ブログで成功している先人たちがみな口を揃えて言っています。

毎日記事を書き続けて、3ヶ月後に検索流入が爆発的に増えだしました。なんていうのもよく耳にします。

私は、飽きっぽい性格ですが、なんだかんだ1ヶ月は続けることができました。

このまま継続して、3ヶ月後、半年後にどうなっているのかを知りたいです。

完璧を求めない

これも大事なことだと思います。

私はゲームをやるときなんか特にそうですが、アイテムを取り逃さないようにしたり完璧を求めてしまいがちです。

でもそうやっていると、楽しむべきものもいつの間にか義務感が生まれてしまい楽しめないんですよね。

ブログのいいところの1つとして、後からいくらでも記事を修正できるという点があります。気に入らなければ後から手直しができるので、完璧を求めずに記事を公開できますね。

なので、ブログに関しては「失敗を含めてすべて自分の糧になる」ということをモットーに、のんびりマイペースに書きたいことを書いていきたいと思います。

誰に向けて書いているかを明確にする

これは、今後特に意識していきたい点です。

マイペースに書きたいことを書くとはいえ、読み手は必要です。

この記事はどんな人に読んでほしいのか、ということをイメージして、その人に向けて自分の意見を発信していくようにしたいです。

これは普段から意識していかないと身につかないと思うので、ブログを良い練習の場にしたいと思います。

ブログに取り組んでみて感じたことまとめ

偉そうに長々と書いてみたけど、自分はまだまだブログ初心者だということは自覚しています。

でも、これまでの人生であまりはっきりと自分の意見を言ってこなかった私が、これだけ自由に自分の意見を述べられる場を持っているというのは素直に凄いことだと思います。

ブログというのは文章を書くというシンプルなものでありながら、大変魅力的なツールだと痛感します。

やってみてわかることが多いので、初めの一歩を踏み出してみて良かったなと思います。

これからもマイペースにブログに取り組んでいきたいと思いますので、よろしくお願いします。