映画

ワイスピ映画8作目「ワイルドスピード:アイスブレイク」感想

映画「ワイルドスピード8:アイスブレイク」

今回は、ワイルドスピードシリーズ第8作「ワイルドスピード8 アイスブレイク」についてレビューしていきたいと思います。

たぬきくん
たぬきくん
シリーズが8作も続いているのに、作品を重ねるたびに面白くなっていくんだよね

きつねさん
きつねさん
シリーズ1作目を観たときは、まさかこんなにすごいヒットシリーズになるとは思わなかったなぁ

今やカーアクション映画の代名詞ともいえる大ヒットシリーズになった「ワイルドスピード」シリーズ。

記念すべき1作目ではストリートレースや強盗といった規模でのお話だったのに、今や毎回世界を救っています。

また過去作で積み重ねてきた歴史をちゃんと最新作に反映させてくれるので、シリーズを重ねるごとにファンが増えていくのもうなずけますね。

今作も、過去7作品(3は番外編なのでまあ・・・見なくてもなんとか)を観てからの方が間違いなく楽しめるでしょう。

というか観てないと、さらっと出てくるちょい役の人たちについていけないと思います。

この作品を一言でいうと「まさかあの人が味方に!?家族で楽しめるエンターテイメントカーアクション映画!」です。

では詳しくみていきましょう。

きつねさん
きつねさん
※一部、物語の核心に触れているネタバレがあるよ。本作品未鑑賞の人は注意!
また該当箇所の前でお知らせするね

観たことないカーアクションは今作も健在

毎回、車で戦車と戦ってみたり、空を飛んでみたりと、斬新な発想で楽しませてくれるワイルドスピードシリーズ。

今作にも他で見たことないようなアクションシーンがたくさんあります。

無人の車たちが雪崩れるように追ってくる圧巻のシーン

敵の女ボスサイファーによってハッキングされた車が追ってくるシーン。

無人操作の車が尋常じゃない数で追ってくるシーンはすごいですね。

メイキング映像では「ゾンビカー」と呼ばれているこのシーンでは、なんとCGは使っていません。

スタントマンたちが車の座席シートのコスプレ(!?)をして無人の車のように見せかけて撮影しているというから驚きですね。

あまりCGに頼らずに、実際の車でのアクションシーンにこだわっているのも本シリーズの魅力の一つです。

氷上で潜水艦に追いかけられる

今作のビジュアルにもなっている氷上で潜水艦に追いかけられるシーンもすごいです。

氷上をスーパーカーが走っている絵面だけでもわくわくが止まらないですが、ここのアクションシーンも良かったです。

潜水艦に後ろから追いかけられつつ魚雷を撃たれて、一発が爆発せずにそのまま氷上を滑ってくるシーン。

普通の人ならどうしますか?

おそらく方向転換してよけるなり回避行動をとると思います。

しかしドウェイン・ジョンソン演じる、ムキムキパワー系男子のルーク・ホブズは違います。笑

魚雷に近づくよう指示し、運転を変わらせ、自分は車外に出ます。車にしがみつきながら、自分も氷の上を滑りつつ、魚雷と並走するホブズ。

そしてなんと素手で魚雷に触り、ぐっと押して魚雷の進行方向を変え(!?)そのまま敵のトラックを撃破します。

敵の敵は味方!ドラゴンボール方式がアツい

予告編を見るだけでもなんとなくわかるためネタバレとはしませんが、今作ではシリーズ7作目「ワイルドスピード スカイミッション」で史上最強のボスとして描かれていた、ジェイソン・ステイサム演じるデッカード・ショウが味方になります。

お互いの共通の仇であるサイファーを倒すために手を組むんですが、やはりジェイソン・ステイサム好きとしてはたまらない展開です。

前作冒頭で戦った因縁のあるホブスとの掛け合いは、非常に面白いので必見ですね。

共に刑務所から脱出する(協力しているわけではない。笑)シーンでは、パワーのホブスとテクニックのショウという感じで、お互いの個性が非常に出ているアクションシーンを楽しめるので最高でした。

また、第6作ではデッカード・ショウの弟である、オーウェン・ショウ(ルーク・エヴァンス)がボスでしたが、第7作では全身に怪我をして入院しているという描写が一番最初にありました。

そして今作では、オマケ役程度ですが、デッカード・ショウに協力する形で登場します。

二人でウイングスーツを着て、飛行機に潜入するシーンなんですが、正直弟が出てくると思ってなかったので、映画館で観たときにはおおっとめちゃめちゃテンション上がりました。笑

ウイングスーツを着た二人組が飛行機に潜入、一人目がマスクをとるとデッカード・ショウ。ここは分かります。ただその瞬間に思うわけですね。「あれ、もう一人は誰なの?」と。

答えはすぐ次の瞬間に分かります。

二人目がマスクをとると、オーウェン・ショウ。

(ええええー、ここでぇぇぇ!)

と、心の中で叫びつつ、映画館で一人テンション上がってました。

要は、6作目のボスと7作目のボスがドムに協力して、今作のボスに挑んでいるわけです。

ジェイソン・ステイサムは、今後ベジータばりに頼もしい味方になってくれることでしょう。

こんなアツい展開はズルいですねー!

この辺も過去作を観てから今作を観たほうが楽しめるという理由の一つです。

ファミリーという要素がより重要に

以下、物語の核心に触れているネタバレがあります。本作品未鑑賞の方はご注意ください。

予告編の時点から話題になっていた、今作品の要素「チームリーダー的存在のドムの裏切り」。

なぜドムはチームを裏切って敵側についていたのか。

これは物語中盤くらいで明らかになりますが、ドムには息子が生まれていて、その息子を人質に取られていたからです。

息子のためにチームを裏切って、敵と行動を共にしていたドム。

しかし機会を伺っていただけで、息子の安全を確保したらファミリーの元に戻ってきます。

ドムがチームに戻ってきたときのみんなの嬉しそうな顔がとても印象的でした。

血縁の家族はもちろんのこと、共に死線をくぐりぬけてきた「ファミリー」の絆をより一層感じるシーンです。

味方を信じて戦うチームとしての結束力を感じますね。

最後のシーンでドムは息子の名前を発表します。

ドムの息子の名前は「ブライアン」。

ブライアンは今後シリーズには登場しないと思っていたけど、こういう形で名前を使ってくるとは予想外でした。

ブライアンも永遠にファミリーの一員だということを強調しているシーンだと思います。

「ワイルドスピード8 アイスブレイク」感想まとめ

シリーズ完結に向けた三部作の一作目と言われている今作ですが、やはり衰えを知らない面白さでした。

そんな本作の評価は・・・

//星4.5

星4.5個です!

長寿シリーズになってきた強みを、上手く活かし始めているなという印象です。

それゆえに過去作を観たほうがいいと強く思うので、シリーズ未見の方にはいきなりおすすめはし辛いかなというのが正直なところです。

この作品だけを観てももちろん楽しめますが、細かいところまで楽しむにはシリーズすべてを観てください!

以上、ここまでお読みいただきありがとうございました。