ゲーム

PS4版「黒い砂漠」攻略【初心者向け】序盤の進め方、やっておいた方がいいこと

黒い砂漠序盤の進め方アイキャッチ画像

今回から、何記事かに分けて、PS4版の「黒い砂漠」を始めたばかりの人向けに、色々と情報を書いて行こうと思います。

2015年発売のPC版の情報は、画面表示やボタン配置などが異なっていたり、まだPS4版では未実装の内容の情報だったりするので、PS4版の情報を求めている方の参考になれば幸いです。

そんな私は、大型アップデートのバレンシアエリアの手前までのメインクエストをすべて終わらせ、生活コンテンツにも着手しつつ、サブでブレイダーを育て始めたところです。どうぞよろしく。

おそらく、このゲームを始めた皆さんが大なり小なり感じること、それは

「何をすればいいかわからない」

なのではないでしょうか?

「黒い砂漠」は非常に自由度が高く、やれることがたくさんあるゲームです。

一方で説明が不十分な所もあるので、初心者は戸惑ってしまうこともあるでしょう。

今回は初心者の方向けに、「序盤の進め方」、「やっておいたほうがいいこと」などを紹介していきたいと思います。

PS4版「黒い砂漠」序盤の進め方

まず、何はともあれ、メインクエストを進めていきましょう。

最初のうちは何がなんだかわからないと思いますが、まずは闇の精霊の誘導に従って、ひたすらメインクエストを進めていくことをおすすめします。

黒い砂漠の闇の精霊
冒険者を導いてくれる「闇の精霊」

基本的な情報の説明や、軽いチュートリアルを兼ねて、話が進んでいきます。

メインクエストをまずは「ベリア村」に辿り着くまで進めてみましょう。

時間にしたら1時間もあれば到達できるはず。

それまでにも様々なサブクエストが発生しますが、ほどほどにしつつ、まずは最初の村への到達を目指しましょう。

「黒い砂漠」では信じられないくらいのサブクエストが存在します。すべてこなそうと思っているといつまでたっても先に進むことができません。笑

あとからいくらでも戻ってくることはできるので、まずは気にせず先に進みましょう。

「ベリア村」に到着すれば倉庫が利用できるようになりますし、生活コンテンツ系のチュートリアルも充実しています。

最序盤はここを冒険の拠点とするのがおすすめです。

また、ここでも膨大な量のサブクエストを受けられます。時間がかかるものもあるので、ほどほどにしましょう。笑

こちらのサブクエストも、全部こなしてから先に・・・と考えていると、一生ベリア村から出られなくなります。

ここからは、ある程度で見切りをつけて先に進むのもよし、ベリア村に定住するもよし。

黒い砂漠の世界で生きていきましょう。

また、様々なクエストが出てこない人はフィルターがかかっていますので、設定をいじりましょう。

PS4版「黒い砂漠」序盤からやっておいたほうがいいこと

メインクエストを進めると共に、序盤からやっておいたほうがいいことが2つあるので、ご紹介します。

バッグマスを拡張できるサブクエストをこなそう

「黒い砂漠」では、持ち物はバッグで管理され、重量制限の他にバッグマスの制限があります。

1アイテムにつき1マスを使うため、例えばバッグマスが16マスしかない場合、最大で16種類のアイテムしか持つことができません。

そのため、バッグマスを拡張しておくことは後々のことを考えると非常に重要になります。

メインクエストを進める中でもプレゼントとしてバッグ拡張アイテムをもらうことができますが、それ以外にもサブクエストの報酬として、いくつか手に入れることができます。

バッグマスを拡張できるサブクエストは、序盤から受注することができるものあるので、見逃さないようにしましょう。

手に入るアイテムがたくさんあり、荷物整理が大変なゲームなので、優先的にこなしていきましょう。

行動力上げのための知識集めをしよう

「黒い砂漠」には行動力という概念があります。

スマホゲームでいう「スタミナ」のようなもので、特定の行動をするときに消費し、時間経過で回復していきます。

採取などの行動をするときにも消費していくので、何かとあったほうが便利です。

行動力を上げるには「知識」を増やさなければなりません。

初めて訪れる場所についたら、ミニマップ上で「?」マークで表示されている人物を訪ねて、会話だけしておきましょう。

これだけで「知識」を増やすことができるので、コツコツ知識を集め、行動力を増やしておきましょう。

PS4版「黒い砂漠」序盤の金策を兼ねた生活系コンテンツのすすめ

橋のたもとで釣りをする人

ここからは必須ではないですが、最初のうちからやっておいてシステムを理解しておくと、後々のためになることをご紹介します。

労働者派遣をしてアイテムを集めてみよう

貢献度に余裕がでてきたら、労働者派遣をしてみましょう。

労働者は一度派遣すると、体力がなくなるまでひたすら働いて、冒険者のためにアイテムを集めてくれます。

物によっては、集めるまでに時間がかかるので、早いうちから着手するといいと思います。

労働者の回復アイテムである、「ビール」・「焼き鳥」なども労働者を使えば簡単に作ることができます。

クエストを進めて貢献度に余裕ができたら、労働者派遣に手を出すことをおすすめします。

労働者用の料理を作ってみよう

こちらは上記「労働者派遣」をした後に手を出すのがおすすめです。

まずはお試しとして、料理の素材を労働者に集めさせ、集まった材料で労働者の回復アイテムを作ってみる、というのがいいでしょう。

簡単に作れる労働者用の回復アイテムは「ビール」と「焼き鳥」の二種類があります。

ただし、料理を作るためには家を借りる必要があります。

貢献度1から借りることが可能です。

ベリア村には住居候補がいくつかあるので、貢献度を使って家を借りて、料理を作ってみましょう。

簡単に始められる釣りをしてお金を稼ごう

釣り竿を買うだけで、気軽に始められる釣りはお金稼ぎに持ってこいです。

ベリア村の海岸沿いにいるNPC「クリオ」から500シルバーで釣り竿を購入しましょう。

あとは、釣り竿を装備して、水辺で×ボタンを押すだけです。

魚が釣れたら、ベリア村の貿易管理人NPC「バハール」のところに行けば、換金してもらえます。

また、放置しておく時も、時間経過で勝手に釣ってくれるため、序盤のお金稼ぎとしてはおすすめです。

PS4版「黒い砂漠」序盤からやる必要ないこと

ここまで、序盤のうちからやっておいたほうがいいこと、手を出してみるのをおすすめするコンテンツをご紹介してきました。

逆に、序盤のうちからはあまりやる必要のないこともあるので、そちらもご紹介します。

武器・防具の装備強化

「黒い砂漠」の武器・防具の装備強化については、システムが複雑なうえ、とにかくお金がかかるので、序盤からやる必要は全くありません。

メインクエストを進めていく中で、武器や防具を報酬としてもらえますが、序盤はその武器を順番に装備していくだけで十分です。

「敵が堅くなってきた」、「適正レベルのはずなのにダメージがあまり通っていない」、など感じ始めたら、初めて強化を検討する感じでいいと思います。

便利アイテムへの課金

「黒い砂漠」では、大きく分けて「見た目系の課金」(おしゃれ衣装など)と「便利アイテム系の課金」(バッグマス拡張・重量上限上げなど)と「両方を兼ね備えた課金」(ペットなど)があります。

序盤のうちは、今後の方向性も定まっていないはずなので、「便利アイテム」への課金は避けたほうが無難かなと思います。

バッグマス拡張アイテムも、クエストを進めればある程度の拡張はできますし、プレイスタイルによっては、そもそもたくさんの種類のアイテムを持ち歩かない可能性もあります。

課金する場合は、プレイしていく中でゲームシステムを十分に把握し、その上で必要なものに課金することをおすすめします。

また、「がっつりやりこむから最初から課金してやるぜ!」という方には、最初から課金アイテムがセットになっているアルティメットエディションを買うのもおすすめです。

合わせて検討してみてください。

PS4版「黒い砂漠」序盤の進め方まとめ

満天の星空の下で加工する人

「黒い砂漠」はやれることがたくさんありますが、何をやるか・何を楽しむかはあなた次第です。

決まったやり方はないので、いくら寄り道してもOKです。

やりたいことをやりましょう。

何をするべきか迷ったときは、基本に戻りメインクエストを進めていきましょう。

そして、ベリア村についたら、労働者派遣・料理・釣りなどの生活系コンテンツにも手を出してみることをおすすめします。

黒い砂漠の奥深い生活系コンテンツも是非味わってみてください。

以上、初心者の方に参考になれば幸いです。

これからも良き黒い砂漠ライフをお楽しみください。