ゲーム

PS4版「黒い砂漠」釣りについてまとめ

ハイデル倉庫前で釣り

釣り竿さえあれば、誰でも簡単に始めることができる釣り。

複雑なシステムが多い「黒い砂漠」のコンテンツの中でも比較的シンプルなコンテンツです。

クエストを進めるのに疲れたら息抜きとして釣りをするのも良し、序盤の金策として釣り人になるのも良し。

あなたも釣りを始めてみませんか?

今回は、PS4版「黒い砂漠」の釣りについて、釣り竿の入手法や釣りのやり方、おすすめの釣り場所についてご紹介したいと思います。

それではいってみましょう。

PS4版「黒い砂漠」釣りコンテンツの概要

釣りのやり方

まずは釣り竿を手に入れましょう。

最初はベリア村の「クリオ」から500シルバーで購入するのがおすすめです。

お金がたまってきたら、もっと性能の良い釣り竿に乗り換えるといいでしょう。

釣りは水辺であればほとんどの場所でできます。

水辺に移動して、釣り竿を装備しましょう。

水辺で×ボタンを押すと釣りが始まります。

このとき、×ボタン長押しで行動力を消費して、良い魚が釣れる確率をあげることができるので、行動力が余って余って仕方がない方は利用しましょう。

少したって魚がかかると、方向キー入力のミニゲームが始まります。

画面の指示通り方向キーを入力しましょう。

かかった魚のランクが高いほど入力するキーが多くなって難易度が上がります。

制限時間内に正しく入力すことができれば、魚を釣り上げることができます。

放置釣り(オート釣り)について

ちなみにオート釣り(巷で言われている放置釣り)もあって、魚がかかってから3分間釣り上げ動作(×ボタンを押す)がないと、自動で魚を釣り上げてくれます。

時間はかかるものの、確実に魚を釣り上げてくれる機能です。

しかも、一回魚を釣り上げたら、また自動で釣り始めてくれるという親切設計。

この機能を使って、ひたすら魚を自動で釣っていくのが「放置釣り」です。

テストに出るので覚えておきましょう。

「黒い砂漠」釣り竿の種類

釣り竿にはいくつか種類があります。

  • 古い釣り竿
  • 釣り竿
  • 太い釣り竿
  • 鋼鉄釣り竿
  • 黄金釣り竿
  • バレノス釣り竿
  • カルフェオン釣り竿
  • メディア釣り竿
  • カエデの浮き
  • トネリコの浮き

ランクが高いほど性能が良くなり、アイテム効果がついているものもあります。

序盤で手に入る釣り竿はほとんどが修理できない使い捨てタイプですが、バレノス・カルフェオン・メディア釣り竿などは、修理して繰り返し使うことができます。

また、武器のように強化をすることで、釣り竿自体の性能を上げることもできます。

それぞれの性能を詳しく見ていきましょう。

釣り竿

「釣り竿」は序盤の間、お世話になることでしょう。

ベリア村の魚商人「クリオ」から500シルバーで何個でも買えます。

修理はできない使いきりですが、安いのでこれでバンバン釣って、レベルを上げていきましょう。

太い釣り竿

「太い釣り竿」は、個人的にはあまり使わないかな?というところ。

アイテム効果として、「釣り潜在力(速度)1段階上昇」がついています。

装備可能になるのは「釣りレベル:初心者 LV.10」からです。

鋼鉄釣り竿

「鋼鉄釣り竿」は、レベル制限があるもののアイテム取引所で多く流通しているので、入手は比較的容易です。

アイテム効果として、「釣り潜在力(速度)2段階上昇」がついています。

装備可能になるのは「釣りレベル:熟練 LV.5」からです。

黄金釣り竿

「黄金釣り竿」は、作るのも鋼鉄釣り竿に比べてめんどうなので、あまり使う機会がない気がしますね。

アイテム効果として、「釣り潜在力(速度)3段階上昇」がついています。

装備可能になるのは「釣りレベル:専門 LV.5」からです。

バレノス釣り竿

「バレノス釣り竿」は、放置釣りをする方必携の釣り竿です。

少々高いものの、ある程度の流通があるため、個人的にはバレノス釣り竿が一番おすすめ。

余裕が出てきたら強化をして、性能を上げるのもいいと思います。

アイテム効果として、「自動釣り時間-10%」がついています。

強化をすると、「自動釣り時間短縮」ができます。

装備レベル制限はなく、修理をすることができます。

エフィリア釣り竿

「エフィリア釣り竿」は、耐久度が他の釣り竿より優れています。

ただ、わざわざ使うほどのものではないかな?というところ。

装備レベル制限はなく、修理可能です。

強化すると、「耐久度増加」効果を得られます。

カルフェオン釣り竿

「カルフェオン釣り竿」は、大型魚種を釣るのにうってつけの釣り竿です。

強化すると、「大型魚種を釣る確率増加+1%」を得られます。

強化値が上がると%も上がっていきます。

装備可能になるのは「釣りレベル:専門 LV.1」からで、修理可能な釣り竿です。

メディア釣り竿

「メディア釣り竿」は、希少魚種を釣りやすくなるので、金策にうってつけの釣り竿です。

強化すると、「希少魚種を釣る確率増加+1%」を得られます。

こちらも強化値が上がると%も上がっていきます。

装備可能になるのは「釣りレベル:職人 LV.1」からで、修理可能な釣り竿です。

結局、どの釣り竿がおすすめ?

最初はベリア村の魚商人「クリオ」から買える「釣り竿」でひたすら釣っていきましょう。

お金がたまったら、思いきって「バレノス釣り竿」を買ってしまうのがおすすめです。

やはり修理ができるのは大きいです。また、+10まで強化もできるので、釣り時間の短縮も狙っていくことができます。

バレノス釣り竿はアイテム取引所でそこそこ流通していますが、最低でも124万ほど(値段は時価)かかるので、料理金策などと並行しつつお金をためましょう。

放置釣りをしないのであれば金策のために、希少魚種が釣りやすくなる「メディア釣り竿」がおすすめですが、こちらはアイテム取引所にほとんど流通していません。

もし見かけたら買うのもいいと思います。

「黒い砂漠」おすすめの釣り場所

人気の釣り場はいくつかありますが、序盤はベリア村の海岸沿いか、ハイデルの倉庫前で釣るのがおすすめです。

ベリア村の海岸沿い

ここは、ゲーム配信開始当初は多くの釣り人で賑わっていたのですが、今はゲームの進行度的に釣り場がバラけてきたのか、人が減ってきています。

最初はここで釣りをするのがいいでしょう。

ハイデルの倉庫前

ハイデルの倉庫前も人気です。

こちらは混んでいることが多く、釣り場の状況が「枯渇」気味です。

とはいっても、体感で釣り時間が少し遅くなる程度です。

ハイデルを拠点にしている場合は、こちらがおすすめです。